転生したらスライムだった件。あらすじ・見所・視聴者の反応(第7~9話)

第7話『爆円の支配者』

召喚者に力を見込まれたシズはその体にイフリートの力を宿された。過去に自分の意志に関係なく友達の命を奪ってしまったこともあり、ときどき暴走するイフリートの力に再び悲劇を繰り返すのではないかと恐れ、再び一人で旅に出る準備を進める。
これから村を去ろうとしたとしたその時恐れていたことが起きた。イフリートの力を抑えきれなくなったシズさんの体は完全に飲み込まれてしまう。イフリートはリムルの村を一瞬で焼き尽くし、三体のサラマンダーをけしかけてきた。水刃の効かない相手に逃げるしかできなかったリムルだったが、エレンの魔法攻撃にヒントを得て反撃開始。2体を『アイシクルショットガン』で撃破するが残りの1体はカバルたちを巻き込み自爆。戦闘不能になった。
イフリートとタイマンになったリムルは罠にはまり『ファイヤーサークル』をくらう。炎の渦に巻き込まれたリムルは短いスライム生を振り返るが『熱変動耐性』により全てのダメージが無効化されていた。そしてリムルの反撃開始。粘糸でイフリートの動きを封じると捕食者で取りこみ見事勝利した。

第7話の見どころ

リムルがエレンの魔法攻撃をヒントに取得した大技の威力が見所

視聴者の反応

・ケーニッヒの発言が完全に噛ませ犬。
・リムル『俺たちの町気に入ってもらえたかな?』→シズさん『とっても』→からの嵐牙が可愛すぎる(๑´ω`๑)♡キュン
続きを読む

転生したらスライムだった件。あらすじ・見所・視聴者の反応(第4~6話)

第4話『ドワーフの王国にて』

ゴブリンたちの話によるとリムルたちが向かう街の正式名称は『武装国家ドアルゴン』。街を治めるドワーフの王、ガゼル王は国民の信頼厚いという。街はドワーフのみならず人やエルフなどの種族を超え共存し、中立の自由貿易都市で国の中では争いが禁じられている。これを可能にしているのが国の強大な軍事力であり、1000年もの間ドワーフ軍は不敗を誇るという。ゴブリンの足では通常2か月かかる道のりをリムル一同は嵐牙たちの働きにより三日で走破した。
リムルは目立つ行動を避けるため、街にはゴブ太と二人で入ることにしたが、門の前でさっそくチンピラに目をつけられた。平和的な解決を望むリムルだったが、なかなか引こうとしないチンピラを追い払うため威圧を行ったところ意図せぬ被害が発生し、2人は事情聴取のため一時監獄へと入れられた。トラブルについてリムルが説明をしていると鉱山事故の知らせが入る。被害者救済のため、リムルは回復薬を提供し一件が落ち着くのを牢の中で待った。
回復薬のお礼にリムルは腕利きの職人『カイジン』を紹介されたが剣の納品のため立て込んでいた。そこでリムルはカイジンの作ったロングソードを大賢者で解析し溜めておいた魔鉱塊でコピーを作成し、無事納品を間に合わせた。
納品祝いに一行は夜の街へと赴く。念願のエルフに会ったリムルは今までの人生にはなかった幸せな時間を過ごす、。の店にリムルの私服の時間を割くように忍び寄る不穏な影が。

第4話の見所

チンピラを傷付けまいとリムルは威嚇にとどめるが、本人も想定外のその威力に注目

視聴者の反応

・リムル産のポーション飲んでみたい‼
・スライムって女子ウケいいんだ…

第5話『英雄王ガゼル・ドワルゴ』

至福の時間を送るリムルの元へ大臣のベスターが現れた。魔物を毛嫌いするベスターはリムルに対して挑発行為を行う。周囲のことを気にかけるリムルは大人の対応で事を済ませようとするが、恩人に対する失礼な行いを許せないカイジンはベスターに怒りの拳を向ける。
カイジンの行動により裁判にかけられることとなったリムル一行は、それまでの間、牢で拘束されることとなった。牢の中でベスターとの因縁を話すカイジン、それでもベスターはけっして悪いやつではないと話すが。。
軽い罰で済むだろうと踏んでいたカイジンだったが弁護人はベスターに買収されリムル達に圧倒的に不利な証言をし、一行は罰とし鉱山での長きにわたる労働を命じられた。想定外の事態に慌てるリムルだったが、裁判を静観していた英雄王ガゼルがついに口を開いた。王はカイジンに再び自分の元に戻ってこないかと提案するがすでにリムルを主と決めたカイジンはこれを断った。王の意向により国外追放の刑となったリムルたちは無事ドワルゴンをあとにした。一方、リムルを目の前にし底知らぬ力を感じたガゼル王は恐れ、警戒心を抱くのであった。

第5話の見所

カイジンに暑い信頼を寄せるガゼル王は再び自分の元に戻ってくることを望む。そんなガゼル王の気持ちに対してカイジンがどう返事するかに注目

視聴者の反応

大賢者、果実酒の解析ナイス‼
ベスター嫌なやつなのに最後、ただ純粋に王に認めてもらいたかったんだなと思った。

第6話『シズ』

リムルがヴェルドラの洞窟で会った一行は街に帰還した
リムル一行がドワルゴンから帰還して数日が立っていた。近隣の村からのゴブリンの合流、カイジン・ドワーフ三兄弟らの技術者の合流により村は急成長を遂げていた。同じくドワルゴンを旅したゴブ太は召喚術を取得し、才能の片りんを見せ始めていた。村の拡大に伴いゴブリンキングに昇格しさらに凄みを増したリグルドから、森に人間がいるとという知らせが入った。
その人間とは調査のため森に入ったカバル率いる一行だったが、ジャイアントアントに剣を突き立て追いかけられていた。本領を発揮したシズさんの活躍により、魔物を圧倒するが急にシズさんの様子がおかしくなりあと一つのところで形勢が逆転する。そこにリムルが登場しピンチを救った。感謝を伝えるシズさんを見てリムルはその人が運命の人だと知る。
リムルはカバル一行を村に迎え入れもてなす。リムルが村の長と知り戸惑う一同を和ませようとリムルの放った某ゲームのセリフに反応したり、正座している姿を見てシズさんも日本人ではないかと期待していると、リムルの予想は的中した。話をするうちにシズさんはリムルと異なり召喚者であり戦災で亡くなったことを知った。リムルが意思伝達を使って見せる、戦後日本の発展する姿にシズさんは安心し見とれていた。

第6話の見所

正体不明の女騎士「シズ」さんがついにベールを脱く。ジャイアントアントを圧倒する強さに注目

視聴者の反応

・運命の人キタ━(゚∀゚)━!
・500体も名づけしたら魔素より先に名前のネタがなくなるww

転生したらスライムだった件。あらすじ・見所・視聴者の反応(第1~3話)

第1話 暴風竜ヴェルドラ

平凡な日々を送るサラリーマン三上悟はある日後輩をかばい通り魔に刺さされた。薄れゆく意識の中で頭の中をよぎる不思議な声を聴きながらついに息を引き取った。はずが徐々に戻り始める意識。様々な違和感を感じながら、行動しているうちに確証はないものの人ではないものに転生したことを悟る。ユニークスキル『大賢者』により徐々に新しい自分を知り始めた悟。洞窟をさまよっているうちに転生して初めて話が出来る者が現れた。その者の教えにより、エクストラスキル『魔力感知』を獲得した悟は自分の姿を知るとともに今まで話していた相手が、巨大なドラゴンであることを知る。名は『暴風龍ヴェルドラ』。昔、勇者により封印され300年の時を1人で過ごしてきたという。話をするうちに警戒心のなくなった悟からの提案によりスライムとドラゴンの種族を超えた友達が誕生した。

第2話 ゴブリンたちとの出会い

無限牢獄突破のため、悟は捕食者でヴェルドラを取り込むことを提案しヴェルドラもこれを快諾した。2人が同格である証のためお互いに名前を考え、ヴェルドラはリムルという名前を与えた。一方ヴェルドラの魔力消失により保たれていた世界のバランスが少しずつ崩れ始める。外の世界がそのようなことになっていることも知らず、洞窟をさまようリムルは倒したモンスターを取り込み着実にスキルを増やしていた。そしてついに洞窟の扉を見つけたリムルは転生して初めて人間を見つけるが、スライムの姿のためコンタクトは諦めた。
森をさまようリムルはゴブリンの集団に遭遇。その強大な力を見込まれ村の守護を頼まれたリムルは忠誠を交換条件に牙狼族討伐に立ち上がるのだった。

第2話の見どころ

一度に名前を与えすぎたリムルはまそを消費しすぎたリムルはフリーズ状態になる。三日後目を覚ましたリムルの前に居たのさ見覚えのないゴブリン。リムルに名前を与えられ進化した魔物達の姿に注目。

視聴者の反応

・リムル、ほんと面倒みが良すぎる
・リムルに懐いているランガがかわいい
・進化したゴブリンが可愛すぎる(* ̄ii ̄)

第3話 ゴブリン村での戦い

ゴブリンの村で、討伐を頼まれたリムルはスキルを駆使し牙狼族のボスを圧倒する。ボスを失い撤退するかと思われた牙狼族はリムルへの忠誠を誓う。
村作りを始めたリムルは手始めに村の住人達に名前をつける。1度にたくさんの名付けを行うリムルを見て不安な様子を見せるリグルドを他所に名付けを続けるリムルだったが、突然魔素残量の低下によりスリープモードに移行する。三日後、目を覚ましたリムルは住人達の変化を目の当たりをする。名を与えられた魔物は進化し、名付けとは魔素を消費する行為だと知る。
村の統治のため、リムルはルールを考え住人に役割を与えた。さらに衣、住の技術の強化の必要を感じたリムルは鍛冶の達人『ドワーフ族』に会うことため一同はドアルゴンを目指すのだった。

SAO検定

SAO
キリト アスナ ユイ
クライン エギル リズベット シリカ
  • SAOに関する問題を10問出題
  • 問題は毎回変わります
  • 選択肢を選ぶと正解が黄色に変わります
  • 最後に結果を発表
▼▼問題に挑戦する▼▼

採点中…

.


A.あいう
B.かきく
C.さしす

母指CM関節症

CM関節は可動域が広い関節の為、使いすぎや加齢により軟骨がすり減り、関節に変形が生じる。手の中で最も頻度の高い関節症。母指(親指)に力を必要とする動作で、手首の母指の付け根付近に痛みが出る。また変形が進行すると見た目でも分かるようになる。

母指CM関節症の画像診断

XPで関節の軟骨がすりへり、関節が狭くなっていることや、
骨棘が確認できる。
画像MRIで大菱形骨が白く(高信号)に描出されている。

治療法

腱鞘炎の炎症を抑える注射や、指を使いすぎないようにするため固定を行う。
注射で症状が改善しなかったり、関節の変形がひどい場合、関節形成術を行い、大菱形骨を摘出したり、人工関節をいれる。

患者さんの訴え

  • 親指が痛くてペットボトルの蓋が開けられない。 70代女性
  • 親指の付け根近くにこぶ状のものが浮いてきて、痛い。物を持ったとき、特に痛い。 70代男性

ドケルバン病(母指の腱鞘炎)

母指の動きをつかさどる短母指伸筋腱と長母指外転筋が通過する腱鞘の炎症。第一コンパートメントと呼ばれる。通常腱鞘炎は屈筋腱に多いが、ドケルバンは伸筋腱の炎症である。仕事等で手をよく使う方や、40~50代の女性に多い。
ドケルバン病では腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

ドケルバン病の画像診断

MRIではアキシャル脂肪抑制で手関節背側の第1コンパートに炎症が確認できる。

治療

保存療法(湿布、炎症を抑える注射)をし、注射が効かなかったり、再発を繰り返す場合、腱鞘切開を行う。術後は腱の癒着を防ぐため手指の可動域運動を行う。

患者さんの訴え

母指に圧痛あり。朝手のこわばりがあり、仕事に支障があるほど痛い。
一か月前から痛い。腫れ感有り。もともと手指こわばりもあった。

手根管症候群

母指・示指・中指・環指のしびれ(主に示指、中指)。また、母指の付け根(母指球)が痩せる。
細かい作業が出来にくくなります。
男性よりも女性に多い。また、糖尿病透析患者にも多くみられる

病態

手の神経(正中神経)が手根管内で圧迫されることで起きる。
腱鞘炎に伴い神経が圧迫され、発症することも多い。

治療

手根管内にステロイド注射。
手根管解放術
横根靭帯を切開することで正中神経の内圧を低下する。
母指球の萎縮がひどく「解放術」のみでは母指の機能回復が期待できない場合、母指対立形成術を同時に行う。

患者様の声

  • Ⅰ~Ⅲ指常時N(+)。
    何かに触れるとジャンとくる。
                              70代女性
  • Ⅲ指N(+)。
    手首、手根管を押すとⅢ~Ⅳ指にビリっとくる。
                              70代男性
  • Ⅰ~Ⅳ指N(+)。
    朝方こわばりがある。指先に感覚鈍麻あり。
                              70代女性

ユイ(SAO)

キリトとアスナの仮想世界の娘でキリトを「パパ」、アスナを「ママ」と呼ぶ。正体はSAOプレイヤーの精神面のケアを目的としたカウンセリング用人工知能。カーディナルからプレイヤーへの干渉禁止を命じられ、プレイヤーを見守ることしかできなくなったユイはSAO世界の「恐怖」「絶望」「憎悪」といった悲惨な現状を目の当たりにし、徐々にバグを蓄積し崩壊していくのであった。そんな日々の中でユイは他のプレイヤーとは異なったパラメーターを持つ2人のプレイヤーを見つけた。それがキリトとアスナであった。2人を知りたい、近づきたいと考えたユイは2人のいる22層の森の中をさまよっているところをキリトとアスナに保護された。バグにより崩壊寸前だったユイは保護されたとき、記憶がなく幼児のような状態で「アスナ」を「アウナ」、キリトを「キイト」と言って上手く話せなかった。

シンカーを救出するために第1層の裏ダンジョンに向かったキリトとアスナに同行。シンカー救出目前にした出現した90層クラスと思われる死神風のボスにキリトとアスナが苦戦を強いられるなか、記憶を取り戻したユイはボスを撃退しキリトとアスナのピンチを救った。
第一層の迷宮区でカーディナルにバグと認識されたユイは消去されそうになるがキリトのとっさの対応でカーディナルから切り離され
キリトのローカルメモリに退避し消去を逃れた。
アルブヘイム編ではアインクラッドから引き継がれたキリトのストレージの中にユイのデータが残っており、そのアイテムからキリトのプライベートピクシーというポジションで再び登場する。ナビピクシーとしてアルブヘイム初心者のキリトにゲームの操作説明や街の案内、他プレイヤーの位置情報等を伝えサポートした。初心者のキリトがスピードクリアを実現した大きな要因にユイの適切はサポートがあったためと言っても過言でない。
通常プライベートピクシーはユーザーがログアウトすると活動を停止するが、ユイの場合、主人であるキリトがログアウトしたあとも活動しており、キリトとは独立している。リーファになぜキリトのことをパパと呼ぶのかと問われる。キリト(ご主人)の趣味を疑ったごもっともな質問である。
ロザーズマザリア編からキリトがメカトロニクスによりユイの現実世界への干渉を可能にし行動範囲を広げた。
人工知能だが長い時間SAOプレイヤーを観察していたため、非常に人間に近い考え方ができる。また起動シークエンス中は人間の真似をしてあくびをする。
オーディナルスケールではAR戦闘に前向きでないキリトに対して夫婦の危機を心配し、ママにかっこいいところを見せられるようにパパを鼓舞する可愛い娘である。

エギル(SAO)

キリトがSAOで出会ったオンランゲームの友達。リアルでは嫁さんとともにバーの経営をしている。SAOの世界では武器屋と情報を提供し中層プレイヤーのサポートをするとともにボス攻略に参加し、ゲーム攻略の一翼を担っていた。店のモットーは「安く仕入れて安く売る」。
キリトが初めてエギルを見たのはボス攻略会議。その後どのように友好を深めたかは分からないが、キリトがエギルの店の常連となり仲良くなったと推測される。キリトがエギルの店に姿を見せると必ず店の悪口を言う。キリトの不器用な愛情表現である。これに対してエギルは気分を悪くすることなく大人な返答を返し対応する。このやり取りからキリトのエギルに対する信頼の高さを垣間見ることができる。

商売人らしく鑑定スキルが高く第5話『圏内事件』でカインズが死んだ場所に残された剣がグリムロックによって制作された剣だと鑑定する。
アルブヘイム編ではほとんど出番はないが、SAOクリア後も意識が戻らないアスナに関する情報を伝えるところから物語が始まる。
その後も現実世界でキリトに必要な情報を提供しサポートする。ゲームの中にとどまらず情報屋のようなポジションである。
奥様もゲーム好きでゲームの中で出会ったがアニメ中には登場しない。SAOが一台しか購入できずどっちが先にプレイするかもゲームで勝負して決めた。エギルがSAOの世界にいる間、店は奥様が1人でしていた。
いつものメンバーがリアルで店に集まるときは飲食代は基本的に取っていないようだ。

クライン(SAO)

キリトがSAOで出会ったオンランゲームの友達。ギルド「風林火山」のリーダー。リアルでは社会人であり、エギルの店で他の仲の良いメンバーがソフトドリンクを頼むなか1人アルコールを要求する。アニメ第9話『青眼の悪魔』で初めてアスナに挨拶した時点では24歳独身の恋人募集中。またオーディナルスケールでは学生たちがボス戦への参加が難しいと訴えると、そこは大人、風林火山のメンバーで送迎も出来ると交通の便での提案もした。
キリトとの出会いは第1話「剣の世界」でゲームをスムーズに進めるキリトの姿を見てベータ版出身者だと見抜き、モンスターとの戦い方についてレクチャーを頼んだ。このときはお互いゲームで設定したアバターだった。その後萱場明人によってプレイヤーが広場に集められ、現実世界での命がかかったデスゲームであることが告げられた。キリトはゲームで出会ったクラインに自分と一緒に行くように伝えるがクラインは現実世界から一緒に来た友達との合流しなければならないと説明し別れた。

その後友人たちとギルド「風林火山」を結成。わずか6人の小規模ギルドながら、ボス攻略会議にも参加しゲーム攻略の一翼を担った。メンバーの衣装は武田氏の赤備えを模して赤い衣装に武田氏が使っていた四つ割菱の家紋がついている。階層が上がるにつれ難易度もあがり攻略組と言えども被害者が増える中、風林火山のメンバーは人数を欠くことなくゲームクリアを進めた。ある意味キリトを超えるプレイヤーなのかもしれない。風林火山のメンバーはオーディナルスケールにも登場。オーグマーにSAOのボスが登場し、戦い方を知らないプレイヤーたちがボスに苦労を強いられる中、ゲーム攻略の一翼を担った息の合ったプレイでボス攻略に大きく貢献する。しかしながら、と違いリアルな痛みを伴う世界で強化スーツを着たエイジに病院送りにされる。
稀代のモテ王子キリトとよくつるんでいるがキリトとは対象的に恋愛フラグにはほど遠いキャラクターである。アメニ中で出会いや彼女をほっする姿が幾度か確認できる。キリトとつるんでいる関係である一定、回りに女性がいるが発展する気配はない。ついには人工知能にまで恋をしてしまう始末である。急に雷に打たれることがあり容姿が大切なようだ。オーディナルスケールではオンラインゲームは出会いを探す場所ではないと結論を出した。
あまり多くのことを語りたがらないキリトに対して気になったら答えが出るまで気がすまない性格。アニメ第9話『青眼の悪魔』ではキリトがボス戦で二刀流スキルを見せるとあまりスキルについて話したがらないキリトに対し二刀流スキルについて説明を求めた。このやり取りは後にもう一度出てくる。